社会連携センター

Research Center for Social Collaboration

福山大学の写真

社会連携センター長挨拶

社会連携センターは地域連携部、産学連携部、知財部、高大連携部よりなり、それぞれの事業を推進することによって社会貢献を行っていくことを目的としています。

大学の使命は言うまでもなく教育と研究ですが、教育研究活動を通して得られる知識や技術あるいは教育上のノウハウを社会に還元していく社会貢献も重要なミッションのひとつです。すなわち、本学は人材育成ならびに学術研究を通して地域社会ひいては我が国の発展に寄与するだけでなく、地域の人々あるいは地域社会・地域産業への直接的な貢献も求められています。

これからも他大学や自治体、教育委員会、企業、地域、住民、学校・学生等との連携をさらに深化させ、大学の内部リソースの社会還元を推進していきますので、今後とも皆様のより一層のご協力とご支援を、何卒よろしくお願い申し上げます。

社会連携センター センター長 都祭 弘幸

福山大学社会連携ポリシー

現在わが国は、少子高齢化の進行に伴う労働力人口の減少、経済の東京一極集中、グローバリゼーションの進行等への対応を迫られている。また、AIやIoTの進歩による技術革新は、産業構造や就業構造の変化をもたらさずにはおかない。こうした変化を地方創生、ひいては日本再活性化の好機とするには、地域の産学官が連携して人材育成や研究・開発を推進することが不可欠であろう。
福山大学は「地域の中核となる幅広い職業人の育成」をミッションとし、地域との連携のもとに教育・研究を展開している。そしてその成果が、備後地域に多数存在するオンリーワン・ナンバーワン企業をはじめとする諸組織のニーズに応えるものでありたいとも考えている。また、大学の研究成果を地域社会一般に還元することも本学の役割である。
こうしたことから本学は、「大学の第三の使命」と言われる社会貢献を行う上で、社会連携を以下のように進める。

  • 1.地域の知の拠点としての機能を高め、地域社会との連携を通じた教育・研究活動を積極的に行う。
  • 2.地域社会と連携して教育と研究を行い、知的創出物を有効に活用するため、大学の知財を適切に管理する。
  • 3.地域の企業や自治体等のニーズに応じた連携を図りつつ、学術研究成果を積極的に技術移転し、地域振興、 産業の発展に寄与する。
  • 4.教育・研究活動の知識、技術、教育上のノウハウを最大限に活用し、生涯学習機会の提供や初中等教育機関 と連携しての人材育成に寄与する。

お知らせ

■2019年06月26日(水)14:00~16:30に開催致しました「2019年度福山大学研究成果発表会」の模様を福山大学学長室ブログに掲載しました。

研究者情報一覧(刊行物)

研究成果発表集

福山大学社会連携センターの概要

概要

本学では「幅広い職業人養成」という方向性を明確にし、教育を中心に据えた大学を標榜している。このため大学の第三の使命と言われる「研究成果の社会還元」すなわち、社会貢献を主目的とする。その社会連携(貢献・協力)活動は、人材育成、学術研究による地域社会への貢献、さらに教育研究活動から得られる知識、技術、教育上のノウハウを社会還元することが主体的目標である。この目標を達成するために同センターは、知財部、地域連携部、産学連携部、高大連携部の4部門によって、それぞれの事業を推進する。

運営組織

組織図

部門・スタッフ

  • センター長:都祭 弘幸
  • 副センター長:道原 明宏
  • 専任教員:中村 雅樹
  • 地域連携部長:張  楓
  • 産学連携部長:道原 明宏(兼)
  • 知財部長:道原 明宏(兼)
  • 高大連携部長:高村 克美
  • 運営委員:19名
  • 担当副学長:冨士 彰夫

主な活動

  • 2020.06.24 令和2年度 研究成果発表会(福山)予定
  • 2020.02.27 ビジネス交流フェア(福山)
  • 2020.02.06 KMSメディカル・アーク2020withMTO(倉敷)
  • 2019.12.03 ベンチャー創出PRイベント(福山)
  • 2019.11.27 産から学へのプレゼンテーションin岡山(岡山)
  • 2019.11.16-17 じばさんフェア2019(福山)

お問い合わせ

福山大学社会連携センター

  • Tel: 084-936-2111 (内線) 4311
  • Fax: 084-936-2213 (工学部・生命工学部事務室)
  • nakamura@fukuyama-u.ac.jp

社会連携センター

びんご産業支援サイト