薬学部

Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

薬学科

田淵 紀彦(たぶち のりひこ)

職 名 准教授
学 位 博士(薬学)
専門分野 病原微生物学
担当科目 薬学入門、病原体としての微生物、病原微生物と感染症、免疫のしくみ、免疫と疾患など
メッセージ 最近、「殺人ダニ」のことがニュース・新聞等で話題となっていますが、これはダニが媒介する病原体(ウイルス)が、ダニの吸血行動によってヒトに感染します。このダニはウイルス以外にも病原細菌も保有することから、吸血により様々な感染症を引き起こす可能性があります。節足動物媒介感染症について研究をしてみませんか。

感染症の確定診断法を確立する!!

ダニが媒介する病原体スピロヘータ(ボレリア)について研究をしています。マダニが媒介する病原体として回帰熱ボレリアの一種であるBorrelia miyamotoiが1995年に発見され、日本でもこの細菌による感染症の発症が疑われています。回帰熱とは発熱と解熱を繰り返すことから命名されており、現在、有効なワクチンは存在せず、確定診断法も確立されていません。私たちはこの病原体のワクチン開発および確定診断法を確立するために、候補分子として抗原タンパク質を同定すべく研究をすすめています。

微生物シンポジウムでの発表の様子