薬学部

Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

薬学科

江藤 精二(えとう せいじ)

職 名 教授
学 位 薬学博士
専門分野 医療薬学
担当科目 患者情報、臨床推論、基礎病態解析学、悪性腫瘍と薬物治療、調剤など
メッセージ 大学近郊地区の病院及び薬局との共同研究を通して、医療現場での問題点に取り組んでいます。特に、薬学生及び薬剤師の処方監査能力向上のための教育手段の開発と評価、抗悪性腫瘍薬による末梢神経障害の発症機構と予防法について研究を行っています。

処方監査能力向上のための教育手法の開発と評価

処方せんに疑問や不明点等があった場合、薬剤師は処方した医師に問合せを行う必要がありますが、これを疑義照会と呼びます。医療過誤防止の面で疑義照会は重要な薬剤師業務です。適切な疑義照会を行うためには処方監査能力を高める必要があります。そこで、これまでの処方せん疑義照会のビッグデータを解析し、処方監査能力向上のための教育ツールを開発しています。また、処方監査時の視点行動を解析し、処方監査能力の評価法を検討しています。

処方監査における薬学生の視点計測

抗悪性腫瘍薬による末梢神経障害に関連した基礎的研究

抗悪性腫瘍薬による末梢神経障害はしばしば治療継続を困難にします。例えば、オキサリプラチン(OHP)の場合、OHPから脱離するシュウ酸が末梢神経障害の起因物質と推定されています。そこで、注射液におけるシュウ酸の定量法を開発し、OHP注射液を輸液で希釈した後の経時的なシュウ酸生成量を定量し、適正な調整法あるいは投与法を検討しています。

オキサリプラチンと関連物質のHPLC分析