薬学部

Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

薬学部の特徴

aaa

福山大学薬学部は、医療の最前線で活躍するための「医療薬学教育の実践」を教育理念とする薬学部として創設された日本で最初の薬学部です。1982年の開設より30年超の歴史と信頼のある薬剤師養成の場で先進の薬学を学び、豊かな人間性を持った薬剤師を育成します。

1
医療薬学教育のパイオニア

開設当初より、医療薬学教育を推進してきました。特に、本学部は他大学に先駆けて「学内モデル薬局」を整備し、そこでの事前学習および病院・薬局実務実習を全員必修とする教育を日本で初めて取り入れました。最新の設備を備えた「医療薬学教育センター」で充実した医療薬学教育が行なわれています。この「福山大学方式」は、全国の薬学部の手本として高く評価され、平成28年度日本薬学会学会賞(教育賞)を受賞しました。

医療薬学教育

「医療薬学教育センター」で充実した教育を実施

医療薬学教育センターは、6年制薬学教育過程に対応した最新の設備を備えた施設です。計数・計量調剤、無菌製剤の調製、治療薬物モニタリング、医療コミュニケーション、フィジカルアセスメント、医薬品情報管理などの充実した医療薬学教育が行われています。また、同施設内には、大講義室、マルチメディア室、自習室、個人用ロッカーなども整備されています。

READ MORE

「平成28年度日本薬学会賞(教育賞)」を受賞

本学部では、実践的な人材育成のために、学外の病院薬剤部での実習や学内の模擬薬局でのトレーニングを必修化させました。この教育システムは後に全国にも普及し「福山大学方式」として知られるようになりました。これらの功績が評価され、「平成28年度日本薬学会賞(教育賞)」の受賞に結びつきました。

READ MORE

臨床現場でおこなう病院・薬局実務実習

病院・薬局実務実習は、病院と保険薬局でそれぞれ11週ずつ行います。実習では、指導薬剤師とともに内服薬の調剤、注射薬の調剤、医薬品情報の提供、病棟での薬剤管理指導、服薬指導、在宅医療など、薬剤師が関わる多くの医療行為を体験します。福山大学では、広島県内の医療機関だけでなく、学生の出身地で行なう「ふるさと実習」を積極的に進めています。また、独自の取り組みとして、実習中に3回の「地区別の実習セミナー」を開催しています。このセミナーでは、各地域に教員が出かけ、数名の学生と討論を行いながら、きめ細かい実習指導を行なっています。

READ MORE

2
ヒューマニズム・医療倫理教育の体系的導入

福山大学薬学部では、医療の高度化や複雑化に対応する能力の基盤を教育するとともに、行動変容のためのヒューマニズム教育や医療倫理教育を体系的に導入しています。1年次に初年次教育として「薬学入門」、2年次に「コミュニケーション交流学習」、3年次に「生命倫理」、4年次に「患者の視点に立った行動」「事前学習」、5年次に「実務実習」「実務実習後学習」等で、実践しています。

ピックアップ 授業

薬学入門・早期体験学習

初年次に開講している「薬学入門」では、病院薬局・保険調剤薬局・企業・行政機関などを見学する「早期体験学習」を行なっています。薬剤師の業務について早期に体験し、学習することで、学問への取り組み意欲を高めます。ボランティアファカルティーとして登録した卒業生の薬剤師が勤務する施設を見学し、主に卒業生が学生(後輩)たちへ説明や指導を行うシステムとなっています。

READ MORE

コミュニケーション交流学習

保育施設や高齢者施設を訪問し、幼児や高齢者とマンツーマンで継続的な交流を図ることで、相手の話を聴き、相手の心に寄り添いながら人間関係を築き、役立ち感や自己肯定感を育むことで、医療人が備えるべきホスピタリティー(優しさや、思いやり)を培い、コミュニケーションスキルを身につけます。

READ MORE

患者の視点に立った行動

薬剤師は、調剤や服薬指導だけでなく、メンタルヘルスケアの部分においても期待されています。患者と適切に関わり、患者の気持ちを理解する態度や技能を身につけるために、言語的・非言語的コミュニケーションを学びます。

3
高い薬剤師養成率をしめす教育力

国家試験合格率として、入学者総数に対する合格者の割合である「薬剤師養成率」が算出されます。本学部の6年制第1期生から第6期生までの入学者総数は756名で、このうち610名が国家試験に合格しました。よって、本学の「薬剤師養成率」は81%となり、中国四国地区の私立大学では最高であり、全国的にもトップレベルです。

学生サポートの体制

クラス担任制によるサポート

教員が、担任として学生一人ひとりの履修科目、単位修得状況を把握することにより、個性に合わせた適切な指導を行なうための制度です。1年次から3年次前期まではクラス担任が、研究室配属後の3年次から6年次までは研究室教員が卒業までトータルにサポートしています。また、先輩たちが勉強などを教えてくれるメンター制度もあります。

READ MORE

薬学共用試験・薬剤師国家試験対策

4年次の薬学共用試験や6年次の薬剤師国家試験に向けて、それぞれの専門分野に対応した教員による充実した演習プログラムで万全の準備を行います。臨床の現場で参加型実務実習を行うための薬学共用試験では、6年制1期生から5年連続100%の合格実績です。

READ MORE

就職支援

就職ガイダンス(企業研究、エントリーシート対策、面接対策など)、卒業生を招いての就職体験発表会、一般常識テストや自己分析テストの実施、合同企業説明会(病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬企業、行政機関など)、求人情報のメール配信システム、インターンシップの紹介、保証人との就職懇談会の開催などを行なっています。その結果、毎年、高い就職内定率となっています。

READ MORE

薬学部