薬学部

Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

『薬学部教員からのメッセージ!』を公開しました。

薬学部長をはじめ、薬学部の教員たちからのメッセージです!

 

薬学部長(鶴田 泰人-教授)からのメッセージ!

■ 福山大学薬学部では、活発な教育・研究を実施中!

皆さんも、本学薬学部の環境で勉強してみませんか?「研究マインド」を持った薬剤師として活躍するための多くの資質を身に付けることができますよ。

本学薬学部は、開学以来、質の高い薬剤師養成の教育を行ってきており、充実した教育及び研究で学生の成長をサポートしています。充実した教育・研究が評価されて、本学部の吉冨博則教授が2016年度の日本薬学会「教育賞」を、金尾義治教授が2017年度の日本薬剤学会「功績賞」を受賞されました。また、石津隆教授のグループの論文が大村 智 先生の2015年ノーベル生理学・医学賞受賞記念号誌として発刊された日本薬学会誌への掲載論文として選ばれています。

 

■ 吉冨博則教授が、日本薬学会「教育賞」を受賞!

吉冨博則教授は、薬学教育の6年制教育への変革の時期において、日本薬学会における各種委員会をはじめ文部科学省や厚生労働省などの諸委員会の委員として薬剤師養成のための教育内容の充実化に関してご尽力され、実務実習、教育プログラム評価、薬剤師国家試験、薬学教育モデル・コアカリキュラム等の制度構築に貢献してこられた功績が評価され、2016年度日本薬学会「教育賞」を受賞されました。これは薬剤師養成を目指した本学の教育そのものが評価されたといっても過言ではありません。なお、日本薬学会は全国の薬学部教員をはじめ薬学関係者が入会している全国組織の学会です。(→ 詳細はこちらのページへ:http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2016/03/blog-post_31.html

 

■ 金尾義治教授が、日本薬剤学会「功績賞」を受賞!

金尾義治教授が、2017年度日本薬剤学会「功績賞」を受賞されました。本功績賞は、日本薬剤学会の発展、薬剤学教育の発展、薬剤学、製剤学、製剤技術並びに医療薬剤学の進行のいずれかに関し、顕著な貢献を行なった会員を表彰するものです。金尾教授は、2003年に日本薬剤学会のT.&A.ヒグチ記念賞、2001年と2015年には最優秀論文賞を受賞されています。(→詳細はこちらのページへ:http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2017/05/29_30.html

 

■ 石津隆教授らの論文が日本薬学会の大村智先生ノーベル生理学・医学賞受賞記念号誌に選出掲載!

石津隆教授主宰の生体機能解析学研究室の論文『Mechanism of Creaming Down Based on Chemical Characterization of Complex of Caffeine and Tea Catechins』が大村 智 先生(北里大学特別栄誉教授)の2015年ノーベル生理学・医学賞受賞記念号誌として発刊された日本薬学会誌『Chemical and Pharmaceutical Bulletin』(2016年7月号『Special Section』)に掲載の50編の中の一つに選ばれました。日本国内で活躍している天然物化学・有機合成化学分野の研究者の論文から50報の論文が選出されました。(→ 詳細はこちらのページへ:http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2016/07/special-section.html

 

 

【他の教員からのメッセージはこちらのページへ:http://www.fukuyama-u.ac.jp/pharm/original/entry-3837.html

 

*薬学部の全教員の専門分野や担当科目、研究内容などについては、以下の「教員紹介ページ」「研究室一覧ページ」をご覧ください。

【教員紹介ページ:http://www.fukuyama-u.ac.jp/pharmacy/facultyMember/

【研究室一覧ページ:http://www.fukuyama-u.ac.jp/pharm/original/labo.html

 

(薬学部M)

 


福山大学薬学部の教員・研究室の活動内容については、 【教員紹介】 【研究室一覧】 をご覧ください。

薬学部トップへ戻る