【☆学長短信☆】No.100『宮沢賢治を読む-童話と詩と書簡とメモと-』

  「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」、寒さにも負けず書き続け、学長短信
がNo.100になりました。

  その「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」でおなじみの宮沢賢治の研究で
は、人間文化学科の青木美保教授(ペンネーム:秋枝美保)は、日本を
代表する一人ですが、彼女が最近『宮沢賢治を読む-童話と詩と書簡と
メモと-』を上梓しました。
  ところで本学の共通教育科目には、研究者である教員が自らの研究
を、専門に入る前の学生にわかりやすく語り、より深い専門領域にいざ
なうという趣旨で設定された「いざない科目群」があるのをご存じです
か。青木教授はこのいざない科目群の一つである「文学との出会い」のた
めに本書の原稿を用意し、その授業によってさらに原稿を肉付けするこ
とによって、本書は出来上がっています。「今宮沢賢治を語り、今まさに
生きづらさを感じながら日々を送っている人たちに、賢治が残したこと
を伝えたいと、切に願います」との書き出しで始まる本書は、SNSでたく
さんの人とつながっておりながら、人間関係に悩み、ともすれば自分を
見失いそうになる学生達への、優しいまなざしに満ちています。
  たとえば、賢治が独自の世界観を築き、社会的に自立していくまでの
過程をたどり、賢治の世界観の意義を明らかにしようとした第2章では、
授業で毎時間提出してもらった学生のコメントを引用しています。次の
授業でそれに答えることで、読解を展開しているのです。
本書は、福山大学の「人間関係をつくりながら学ぶ目標設定型教育シス
テム」の一つの見事な成果と言えるでしょう。

  青木教授にその授業の感想を聴いてみました。「全学部の学生120名弱
が受講しており、私語もほとんどなく極めて熱心に聞いています。『文
学』というものの存在意義はまだあると実感できる授業です。」

参考図書:秋枝美保著『宮沢賢治を読む-童話と詩と書簡とメモと-』
朝文社 2017年10月刊(2018.1.21中国新聞の「郷土の本」欄にも紹介さ
れました)

今回も国際交流関係の事業の採択です。
(1)日本学生支援機構(JASSO)に申請していた平成30年度双方向海外
協定留学プログラム「日本とブルガリを繋ぐ懸け橋となる双方向学生交
流プログラム」が採択となりました。昨年暮れに、平成29年度プログラ
ムが追加採択(学長短信No.99に記載)されたのに続いての採択です。こ
れでまた来年度もJASSOの支援のもとでのブルガリアへの学生派遣とブル
ガリアからの学生受入が実施できます。
採択校はこちら。
http://www.jasso.go.jp/ryugaku/tantosha/study_a/short_term_h/__icsFiles/afieldfile/2018/01/05/program_a_type_30sohoko.pdf

 


「学長短信」は、牟田泰三前学長が始めたもので、福山大学の大学運営を、どのような考えに立って、どのような方針で進めているのか、などについて、学長から教職員の皆さんに伝えるために、メールで届けているものです。

「学長短信」は、学内の皆さんに読んで頂くだけでなくて、大学外の方々にもこれを読んで頂いて、福山大学のことをより多く知って頂きたいと思います。そこで、前学長のものも含め、「学長短信」のバックナンバーを全て福山大学ホームページにアップすることにしました。

学外の皆さんにも、是非この機会に読んで頂きたいと思います。