【☆学長短信☆】No.108理学・工学を担う女子学生を増やすには?

我が国では、数学、自然科学、工学、工学系技術等の領域の学生数や教
員・研究者数の男女差が相変わらず大きく、なかなか小さくなりません(現
在、全大学の女子学生割合は45%ですが、理学に限れば27%、工学では
15%)。本学の工学部もご多分に漏れず、女子学生が少なく、この状況を
打破したいのですが、妙案はないものでしょうか。
社会全体にコンピュータリゼーションが浸透し、否応なくスマートシス
テムに向かっている時代に、そして日本のように生産人口が今後減少して
いくが故に、特にものづくりにおける一人の労働者あたりの生産性を高め
ることが喫緊の課題である時代に、女子学生が相変わらず理学・工学を敬
遠する傾向が強いことは、単に本学の工学部にとどまらない課題でしょ
う。
男女共同参画の先進国である米国でも、すでに小学1年生で「男子は女
子よりロボットやプログラミングに興味も自信も強い」というステレオタ
イプが出来上がっている、という最近の研究結果があります。この性差は
算数や理科といった教科領域よりも、コンピュータサイエンスや工学技術
の領域で一層強いことも示されています。
けれども、わずか20分間、実験室でスマホを使ってロボットを動かすプ
ログラミングの作成を経験した小学1年生の女の子は、経験しなかった女
の子よりも、プログラミングへの興味、ロボットへの興味やロボットにつ
いての自己効力感(ロボットにうまく対応できるという自信)を高め、同
じ経験をした男の子とほぼ変わらない水準にまで向上したとのことです。
2020年度から実施の新学習指導要領で、文部科学省は小学校におけるプ
ログラミング教育の必修化を計画していますが、何学年からどのような形
で教科学習に組み込むのか、小学5年生や6年生では、もう遅すぎるのかも
しれませんし、やり方を間違えればマイナス効果の危険もあるでしょう。
本学の工学部では、様々な子ども向けの行事やコンテスト等を行っていま
すが、単なるイベントとしてではなく、ICT化時代の大学における工学教
育の在り方、そこに至る小中高等学校の教育の在り方について考えた上で
行う必要があるでしょうし、それが成功すれば、結果として女子学生が増
えるかもしれませんね。期待しています。

参考文献等
Master, A., Cheryan, S., Moscatelli, A., & Meltzoff, A. N. (2017).
Programming experience promotes higher STEM motivation among
first-grade girls. Journal of Experimental Child Psychology, 160,
92-106.
(注. STEM=science, technology, engineering, and math)
内閣府男女共同参画局『男女共同参画白書 平成30年度版』2018.6.
http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h30/zentai/index.html
文部科学省『小学校プログラミング教育の手引(第一版)』2018.3.
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1403162.htm

 

学生の活躍です。
(1)心理学科の発達心理学研究室に所属する3年生6名は、宮地茂記念館2
階の子育てステーションで「子ども遊び広場」活動を継続的に行っていま
すが、この活動に対して、今年度も「一般財団法人 義倉」(申請代表
者:佐藤隆治君)と「(公財)ひろしまこども夢財団」(申請代表者:西
國進也君)の助成金を獲得しました。引きつづき素晴らしい地域貢献活動
を期待しています。
詳細は、学長室ブログで。

【心理学科】発達心理学研究室の学生が学長に活動報告!