【☆学長短信☆】No.104『新入生を迎えて、上手にスキャフォルディングを!』

五月晴れ、満開のツツジです。

さて、学修の初期におけるスキャフォルディング(躓かないように足
場作り)の重要性については、すでに学長短信No.34やNo.88 で述べま
した。新入生を迎えて、大学の学びにいざなうに際して、本学の目標設
定型のカリキュラム構成そのものが階層的になってはいますが、それで
もなお十分に注意を払い、必要な手助けを行うと共に、自立に向けて上
手にその手助けを引きあげて、スプーンフェッド(おさじで食べさせて
あげるような過保護)にならないように気をつける必要があります。具
体的にどんなスキャフォルディングがありうるか、ということに関し
て、良い文献を見つけましたので、それを参考に並べてみます。教員は
次のような様々な役割を担うことによって、学びの足場を作ることがで
きるのです。
・支援者として:学生が、安心して他者と交わりながら学べる、と感
じられるような場の提供。
・促進者として:学生の思考の方向付けを変えたり、学生がもっと適
切な発言に変えたりするように促す。
・批判的な聞き手、フィードバック情報の提供者として:学生が理解
できるような形で批判的なコメントを伝えたり、別な思考や行動を示唆
したりする。
・事柄を単純化する者として:問題がこんがらかったとき、より小さ
な取り扱いやすいステップに分解して、学習者が挑戦しやすくする。
・動機づける者として:学修過程の重要なポイントで適切に学生の学
修行動を承認したり、鼓舞・激励したりする。
・重要な点に気づかせる者として:枝葉末節に学生がとらわれている
とき、重要な点に学生の思考を引き戻したり、重要な既有知識を活性化
させたりする。
・モデルとして:課題を実際に実行したり、思考過程を示したりし
て、やり方や技法の模範を示す。
等々、すべて日頃すでに実践されている事柄でしょうが、もう一度振り
返って、初心者である学生に対して、その状況に合わせて、教員は学び
の足場を丁寧に提供するように心がけましょう。

 

参考図書:A. プリチャード、J. ウラード著 田中俊也訳『アクティブ
ラーニングのための心理学~授業実践を支える構成主義と社会的学習理
論~』北大路書房、2017年3月発行

 

 

学生の活躍です。
(1)「ばらのまち福山」の今年度の「ローズ福山」に薬学部5年生の青
川ひかりさんが選ばれました。これから1年間、福山市の観光アシスタ
ントとして福山市の魅力をPRしていきます。活躍を期待しましょう。詳
細は学長室ブログで。

【薬学部】「ローズ福山」に薬学部青川さん、決定!

(2)薬学部4年生の4名の学生(田中麻貴さん、谷岡美季さん、角拳斗
くん、杉原崇寛くん)が、日頃の活動を認められ、広島県知事より「広
島県ヤング薬物乱用防止指導員」の委嘱を受けました。がんばってくだ
さい。詳細は学長室ブログで。

【薬学部】広島県ヤング薬物乱用防止指導員に任命

職員の活躍です。
(3)学友会サッカー部のコーチでもある入試広報主任の的場千尋さん
が、日本サッカー協会公認S級ライセンスを取得しました。おめでとう
ございます。ちなみに彼は、本学の経済学部国際経済学科の卒業生で
す。詳細は学長室ブログで。

サッカー部の的場コーチがS級コーチライセンスを取得!