生命栄養科学科

Department of Nutrition and Life Science

生命栄養科学科の特徴

生命栄養科学科

1
管理栄養士国家試験 合格プラン

国家試験合格に向け、学科教員が一丸となってサポートします

第32回管理栄養士国家試験の結果

本学の合格率 95.7%(平成29年度卒業生実績)

〔参考〕厚生労働省発表資料(平成30年3月30日付け)

第32回管理栄養士国家試験(全国平均)60.8%

4年次における管理栄養士国家試験対策

1.国家試験対策授業(毎日実施)

2.学内確認試験

3.夏期・冬期補習授業

4.直前対策講座

5.全国統一模擬試験

6.卒業生による合格体験懇話会

7.個別指導

2
生命栄養科学科ブランディング戦略

生命栄養科学科ブランドを構築し、学科の価値を最大化するための取組

学生考案のメニューが学校給食に!

学生有志が福山市、食品会社と連携して、小学校給食のメニューを考案しました。その中の1つ「くわいの揚げ肉団子」が、福山市の小学校給食に登場しました。メニュー考案者も小学校を訪問し、一緒に給食をいただきました。福山市の特産品であるくわいを用いたこの料理は、小学生からも好評でした。

ヘルシーメニュー講習会

生活習慣病予防の減塩料理講座が調理実習室で開かれ、本学科の1年次生を対象に、栄養教育と調理実習が行われました。自身の食生活を振り返るだけでなく、栄養の知識をどのように伝えるか、その工夫点は、栄養士を目指す学生にとって今後の参考になりました。

3
授業紹介

生命栄養科学科では、1年次に栄養学を理解するための基礎的な知識を修得し、2年次に栄養学の基礎知識を勉強します。3年次には臨地実習で実践力を磨き、4年次には国家試験対策と卒業研究を行います。

管理栄養士に必要な知識と技術を修得します

2年次:調理学実験

おいしく調理するためには、調理のコツを科学的に理解する必要があります。調理学実験では身近な食品を選び、調理による色、味、香り、テクスチャーの変化や官能評価など、実際の調理に役立つ基礎的実験を行います。

2,3年次:給食マネジメント実習

食事を通して多くの人の健康や栄養状態の改善、QOLの向上を目標とした栄養管理を行います。そのための効率的な運営システムとマネジメント、大量調理の理論、給食運営の基本的な考えを学びます。病院や福祉施設等での衛生管理を知り、安全な食事提供を理解します。

3,4年次:臨地実習

3、4年次には、小学校や病院、老人福祉施設、保健所など、栄養管理の実践活動の場で実習を行います。課題発見と解決を通じて、必要な専門的知識の統合を図ります。実習先で学んだ内容は臨地実習報告会にて共有し、プレゼンテーション能力を養います。