海洋生物科学科

Department of Marine Bio-Science

海洋生物科学科の特徴

海洋生物科学科

海洋生物科学科では、学びの方向性を明確化したコース制や、因島の臨海施設などを活用して、専門的な知識と技術を身につけ、社会で活躍できる力を養います。

1
4つの専門コースを選択できる

自分の学びと進路の方向性に合わせてコースを選択しよう

コース制の特色は?

1~2年次には全員がベースとなる海洋生物や環境について学び、将来の進路をしっかり考えてもらいます。そして3年次に「資源利用育成コース」、 「フィールド生態環境コース」、「アクアリウム科学コース」、「水産食品科学コース」のいずれかを選択して専門的知識と技能を学びます。なお他コースの科目も自由に選択して受講できるので、幅広い知識をつけることができます。

2
因島キャンパスを活用した学び

飼育展示や海洋調査をしっかり学べる充実の施設

因島キャンパスの施設・設備

因島キャンパスには、150トンの大水槽をはじめ約20の展示水槽およびバックヤードを有する附属水族館や、大規模な魚介類の飼育設備、講義室、実習室、宿泊施設が整備されており、アクアリウム科学コースや資源利用育成コースなどの学生実験や卒業研究に活用されています。また附属実習船「第二爽風丸」は、海洋環境計測や仔稚魚採集など各種調査に活用されています。

3
瀬戸内海をフィールドに調査研究

目の前に瀬戸内海!フィールド調査で海の魅力を実感しよう

フィールド調査

「目の前が瀬戸内海」という因島キャンパスの立地をいかして、フィールド生態環境コースの学生実験や臨海実習などでは、海岸での海洋生物調査や観察を行い、動植物の生態を実感することができます。卒業研究ではより広い海域で魚類相や植物相調査、動物の行動生態調査などさまざまなフィールド研究が行われています。自然の中で生きる生物に触れて得られる感動は得難い経験になるでしょう。