心理学科

Department of Psychology

心理学科

心理学を基礎から応用まで学べる広島県東部唯一の学科

学科の特徴

  1. 1

    広い領域の心理学をバランスよく学ぶ

  2. 2

    「公認心理師」の資格取得を応援

  3. 3

    地域との共同活動やボランティア

研究・教員の紹介

研究紹介

中・四国随一の実践的な犯罪心理学研究

犯罪心理学研究室では、科学捜査研究所出身の平教授の下、脳波など生理指標を用いた犯罪捜査で使用される虚偽検出検査の実験的研究や安全・安心まちづくりとして青色・白色複合LED防犯灯、地域安全マップ、万引き防止などのフィールド調査による犯罪防止研究を行っています。さらに、学生は「PACE福山支部」という団体で、犯罪心理学の知識を活かして地域安全マップ作製活動を小学生に行っています。

認知心理学を製品開発・評価に生かす

認知心理学は、人が物事を認識・判断するとき等の心のクセを実験やアンケートで明らかにする分野です。・・・とまあ、かた苦しい話はぬきにして、ここではマスクの研究を紹介します。認知心理学研究室は、北海道大学とユニ・チャーム株式会社との共同研究で、錯視効果や色・柄のデザインが印象に及ぼす効果を応用し、着用者の顔を小顔にみせるマスクや印象良くみせるマスクの開発、子ども用マスクのデザイン評価に携わっています。この成果は「小顔にみえマスク®」「超快適マスク®女性用」「超快適マスク®園児専用」として店頭に並んでいます。

教員紹介

日下部 典子教授(学科長)

心理学科の学科長を務めています(学科の情報はこちら)。大学院では実習も担当しています。専門は認知行動療法です。現代社会は様々なストレスにさらされています。同じストレスにあっても、乗り切れる人とそうでない人がいるのはなぜでしょう?病院や保健所・教育現場などで、認知行動療法に基づき、ストレスへの上手な対処方法を考えるストレスマネジメントやカウンセリングを行っています。

山崎理央 准教授(心理学科附属こころの健康相談センター長)

臨床心理学が専門です。心理学科附属・こころの健康相談センター長をしています。大学院生の学内実習施設である相談センターでは、心の悩みや問題を抱える人の相談を受け、心理療法・カウンセリングによる関わりを通して、変化や改善を探っていきます。臨床心理学は「臨床」という名前が示すように、心の多様性というものにライブに関わる魅力があります。(こころの健康相談センター情報はこちら)。

資格、主な就職・進路

心理学に関する資格を取得できます。

・国家資格「公認心理師」の取得が可能なカリキュラムを整備しています。

・3年次生全員が「心理学検定」を受検し、進学や就職のキャリアアップに役立てています(受検料補助あり)。

・卒業時に「認定心理士」、「認定心理士(心理調査)」などの心理系の資格を取得することも可能です。

心理学の知識を活かした就職、進学が可能です。

・「一般企業」「社会福祉施設・病院」で活躍している卒業生がいるほか、「公務員」として勤務している者もいます。

・より専門的な知識を身につけるために、「大学院」(福山大学を含む私立大学のほか国公立大学)に進学する卒業生もいます。