人間文化学部

Faculty of Human Culture and Sciences

メディア・映像学科

内垣戸 貴之(うちがいと たかゆき)

職 名 准教授
学 位 修士(教育学)
専門分野 教育工学
担当科目 eラーニング論、メディア・リテラシー論、情報科教育法
メッセージ 私の主たる興味関心は「学びの環境はどのようにデザインされるとよいのだろうか」ということです。学びとはいろいろな要素が絡み合いながら深化していくものです。例えば、どのような学習内容が適切なのか、その際のヒトやモノはどのように配置するとよいのかなど、考えることはたくさんありますが、だからこそいろいろなチャレンジができる楽しい分野です。

授業を盛り上げる

授業にはいろんなツールが登場します。ご存じ黒板やチョークは授業の王道ツールです。近年はそれらに加え、電子黒板やタブレットパソコンなども活用されはじめています。そうした授業で使われるツールは授業を盛り上げてくれる存在です。それは単に「楽しい」からではなく、授業が「わかる」ようになるから。わかることは次へのやる気につながります。だからこそツールをどのように使いこなすのか、それを常に考えています。

様々なツールを使う場面

考えるを見える化する

学校では常に「考える」ことを求められます。そして同時に考えたことを他の人と共有することも求められます。しかし頭の中で考えているだけでは他の人には伝わりません。「言葉」や「図」や「絵」など、見える形(=可視化)にしてはじめて共有されるものになります。共有されると、そこでのやりとりが新たに「考える」きっかけになる。そのサイクルのために、「考える」を「見える化する」ための方法について、「考えています」。

思考の可視化のための風船