情報工学科

Department of Computer Science

情報工学科

高度情報化社会で活躍するIT分野のスペシャリストを育成します。

高度情報化社会で活躍できる技術者の育成を目標に、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークおよびアプリデザインの4分野をバランスよく勉強します。

学科の特徴

  1. 1

    プログラミング教育

  2. 2

    ネットワーク教育

  3. 3

    アプリデザイン教育

研究・教員の紹介

研究紹介

情報ネットワーク研究室

IT社会の基盤を支えるネットワークの構築、管理、運営に関する研究、P2Pを利用した教育支援システム、IoTシステム、情報セキュリティ、情報倫理教育など、ネットワークに関することを幅広く研究しています。ネットワーク基盤の保守や管理運営は一見地味な仕事ですが、現代のIT社会の基盤を支える、非常に重要な仕事です。この他、IoT-LTで発表したり、Maker Faireで展示したりして遊んでいます。

データベース研究室

広々とした研究エリアで、たくさんのコンピュータと実験機器を駆使して、日々、研究と自己研鑽に励みながら、新しいデータベース技術の創出にチームで取り組んでいます。

教員紹介

中道 上 准教授(コミュニケーションデザイン研究室)

よりHappyなサービスを提供するために、人の行動を観察して新たな「人と人とのコミュニケーション」や「人とコンピュータのインタラクション(やりとり)」をデザインしています。 特に「使いにくいサービスは使われない」と感じたソフトウェアエンジニアとしての経験から、「使いやすいサービスの実現」を目指して、ソフトウェア開発におけるデザインを中心に教育・研究を進めています。

宮崎 光二 准教授(アプリケーションデザイン研究室)

最近のスマートフォンなどの移動デバイスは、インターネットへの常時接続と高性能なカメラ、GPSなどの機能を用いて様々なサービスを提供することが可能で、それらはプログラムで作成することができます。本研究室では人間の役に立つアプリや生活を豊かにするシステムの開発を目指しており、主に移動デバイスを用いたAR(Augmented Reality)システムの開発や、AIを利用したアプリに関する研究を行っています。

資格、主な就職・進路

資格

ITパスポート試験、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、CGエンジニア検定、画像処理エンジニア検定、高等学校教諭一種免許状(情報)

進路

<進学> 大学院(福山大学、北陸先端科学技術大学院大学)
<就職> 企業(㈱DNP情報システム、㈱両備システム、理研産業㈱、矢崎総業㈱、西日本旅客鉄道㈱など