教育・支援

Education and Support

教育・支援

一人ひとりの成長に寄り添う、充実したサポート体制

変化の激しい不確かな現代社会において、将来に夢と希望を持てる ”思考・視点” と、未来を切り開ける “能力・スキル” を養うために、充実した幅広い教育・支援体制を提供しています。 福山大学は、皆さん一人ひとりの成長を全力でサポートしていきます。

大学教育センター

未来を生き抜く、確かな力を

大学教育センターでは、未来に向かって創造的に生きるために身につけるべき力を、5学部14学科の学生がお互いの専門性を尊重しながら横断的に学ぶことができる共通教育プログラムを提供しています。 授業を通じて、他学部・学科で学ぶ仲間を増やし、専門性のみにとらわれない柔軟な発想力や多面的に物事を捉える力を、一緒に身につけていきましょう。

教育・制度

福山大学は、建学の精神に謳われた「調和的な人格陶冶を目指す全人教育」を目標に、学生が社会や時代の要請に合った確かな学力をつけて卒業できるように、本学独自の特色ある全学的教育システムを構築しています。総合大学の強みを生かし、学部・学科ごとの専門的な知識を身につけるだけでなく、基礎的なスキルや教養、優れた態度・志向性が獲得できる「福山大学教育システム」の中で充実した学生生活をおくりましょう。

共通教育

学部を超えて学び合う、全学共通教育

福山大学では、大学での学修を円滑にする「初年次教育」をはじめ、社会で求められる基礎的能力を向上して汎用的スキルを身につける「共通基礎教育」、幅広く深い教養を身につける「教養教育」、将来のプラン作りや就活力を養う「キャリア教育」を全学で実施し、大学生活の中で豊かな人間性を培うとともに専門分野の学びにつなげていきます。

教職課程

専任教員による、充実した教職試験対策

福山大学では、卒業後に中学校または高等学校の教育職員、および栄養教諭としての教職に就くことを志望する学生のために、教育職員免許法に基づいた教職課程を開設しています。また、教職をめざす学生のために、経験豊富な専任教員による個別指導を受講できる支援室(教職の広場)を設置し、きめ細やかな試験対策や面接対策をおこなっています。 “教職の広場”で目標が同じ仲間と出会い、お互いに高め合っていきましょう。

副専攻制度

専門性と柔軟性を兼ね備える人材に

社会の変化に柔軟に対応できる幅広い知識・経験を身につけるために、福山大学では学生の所属する学部学科の教育内容の履修とは別に、同一学部の他の学科または他学部学科の教育内容を体系的に履修することのできる副専攻制度を導入しています。総合大学だからこそ可能な幅広い学びを通じて、自身の専門性を多面的に捉え、応用できる力を養います。

副専攻コースは全部で13コース存在し、学生一人ひとりの興味や関心、問題意識などに応じて自由に選択することができます。

(1) 経済コース 経済学部
(2) 人間文化学コース 人間文化学部
(3) 心理学コース 人間文化学部
(4) メディア情報文化学コース 人間文化学部
(5) 電子・ロボット工学コース 工学部
(6) 建築学コース 工学部
(7) 土木工学コース 工学部
(8) 情報工学コース 工学部
(9) 機械システム工学コース 工学部
(10) 工学コース 工学部
(11) 生物工学コース 生命工学部
(12) 海洋生物科学コース 生命工学部
(13) 薬学コース 薬学部

教務課

大学の授業関係全般にわたる事務窓口

教務課では、学生の皆さんが一人ひとりの考えに基づいて自分らしく学ぶことのできる学修環境を整えるための様々なサポートをおこなっています。カリキュラムの編成や授業時間割に関することから、履修登録・成績管理、在学証明書や成績証明書の発行業務まで、授業関係全般に関する業務を一手に担っています。

授業時間や履修登録などに関する相談は、1号館2階の教務課までお問い合わせください。

学習支援

基礎学力の向上から精神的なサポートまで、全ての学生が満足できる充実した大学生活を送ることができるように、大学教育センターでは様々な学修支援サポートを企画・実施しています。

e ラーニングシステム

福山大学では、学生の皆さんの自主学修を支援するために、eラーニングシステム「Azalea(アザレア)」を導入しています。eラーニング教材は、授業とは異なり理解できるまで何度も見直すことができるため、自分に合ったペースで学修を進めることが可能です。

自分のペースだから、確実に身につく

福山大学のeラーニングシステム「Azalea(アザレア)」には、大学での専門的な学びに必要な基礎学力を補う教材に加え、卒業後の進路に向けた就職試験対策用の教材なども用意されています。

教科書や参考書だけでは理解の難しい複雑な式変形やグラフなども、アニメーションを用いてわかりやすく説明されているため、数学や物理が苦手な人でも興味を持って学ぶことができます。

障害のある学生の支援に関するガイドライン

福山大学では、本学に在籍する障害のある学生が、障害のない学生と分け隔てられることなく有意義な学生生活を送ることができるように、専門の対応委員会を組織し、配慮および支援をおこなっています。

修学に必要な機器や移動補助、講義における前席確保など、支援を必要とする場合はお気軽にご相談ください。

学習支援部門

発展学習や学び直しも、幅広くサポート

学修支援相談室では、学修方法に迷いのある人や苦手科目の克服をしたい人から、より高度で発展的な内容について学びたい人まで、幅広い学修サポートをおこなっています。また、大学で求められるアカデミック・ライティングのスキルや、卒業後の進路に関するキャリア支援など、学生一人ひとりのニーズに対応したきめ細やかな支援をおこなっています。

学修支援相談室を活用して自らの課題を克服し、更なるスキルアップにつなげましょう。

留学支援

グローバル化や価値観の多様化に代表されるように、近年の社会の仕組みは大きく変化を続けています。このような状況下で、学生の皆さんは自身の視野を広げて思考を深め、多様な考え方を受け入れられる力を身に付けていくことが重要です。

海外留学は、文化、言語、習慣等が異なる人々と関わり、自身を見つめ直すことで、そのような力を養うための絶好の機会です。

海外留学で自らの視野と可能性を広げる

福山大学国際センターでは、海外の高等教育機関との学術教育提携を進めており、本学学生が卒業後にグローバルにも活躍できるよう、全学的なグローバル教育を推進しています。

春・夏休みを利用した短期研修から半年・一年間の中長期留学まで多様なプログラムが提供されているので、それぞれの学修目的に応じた留学経験を積むことができます。また、海外留学に対する各種奨学金も用意されており、国際交流課がきめ細かい留学サポートを行っています。世界に飛び立ち、自らの視野と可能性を広げてみませんか。

就職支援

産業構造や雇用環境、企業の採用ニーズの変化など、就職活動を取り巻く環境は近年大きく様変わりしています。景気の回復傾向を背景に、学生の売り手市場が続いている一方で、入社後に気づくミスマッチによる離職も少なくない中、学生一人ひとりの想いに寄り添う就職活動支援に益々重要性が高まっています。

福山大学では、就業力養成を学士課程教育の内外に体系的に位置付けており、全教職員による個別指導重視の就職サポート体制を整え、就職の質と量を向上させることを最重要課題の1つとして取り組んでいます。

親身なサポートと、高い就職実績

就職課では、きめ細かな指導をモットーに、学生が自己の適性や希望を生かした進路決定ができるよう、系統的な支援をおこなっています。1975年の大学創立当初から積み重ねてきた地元産業界との強い絆を生かし、学生一人ひとりの希望や個性と、地元企業とのより良いマッチングに努めています。

学生の皆さんが初めての就職活動に戸惑うことは当たり前です。経験豊富な専門家のサポートを受け、自分に合った就職先を見つけましょう