経済学部

Faculty of Economics

税務会計学科

大城 朝子(おおしろ あさこ)

職 名 講師
学 位 博士(経営学)
専門分野 国際経営・日本的経営
担当科目 経営学、経営戦略論、経済学演習、中小企業論、基礎ゼミなど
メッセージ 経営戦略とは、ビジョン(将来のあるべき姿)を描き、それに向けて変革のシナリオを描いていくことであり、羅針盤のような役割を果たすものです。授業の中では、戦略論のフレームワークを活用し、実際に学生の皆さんの人生の戦略について考えていきながら経営戦略についての理解を深めていきたいと思っています。

日本的経営の海外移転に関する研究

「日本的経営」の基礎を築くものが長期雇用であることを、先行研究を整理することにより明らかにしています。また、台湾においてアンケート調査やヒアリング調査を実施することにより、台湾における日本的経営の国際移転がどのように行われたかを実証的に示しています。

ボーングローバル企業の経営戦略

近年、私が専門とする国際経営の分野では、国際経営の研究領域で長年研究されてきた段階的な国際化を短期間で果たす、「ボーングローバルカンパニー(以下BGC)」の出現により、大きな変化を遂げようとしています。 急速なICTの進歩と普及により、グローバル化が進展し、大企業だけでなく中小企業においても海外に立地し、製品やサービスの提供が可能となりました。そんな中、ボーングローバル企業の研究は非常に重要なものと考え、経営戦略を中心に研究を進めていこうと思っています。