国際経済学科

Department of International Economics

国際経済学科の特徴

国際経済学科の特徴

国際経済学科では、日本経済にとって特に重要な欧米、東アジア、そして中国に焦点を当てて学びます。また、国際ビジネスの現場を体験できる海外研修を実施しています。

1
欧米諸国の経済について学ぶ

アメリカやヨーロッパ諸国などの経済について深く学べます

欧米経済に関する授業が多数あります

EUやアメリカなどの欧米地域は、日本との貿易関係や日本からの直接投資など、依然として非常に重要であり、日本への影響力も大きな地域です。「EU経済論」や「アメリカ経済論」といった科目の履修や卒業研究などを通して、地域や日本との経済関係について学びます。

2
中国の経済成長の理由や現状を知る

中国経済のダイナミックな発展について学ぶことができます

中国出身の教員による実践的な講義

中国は近年、最も成長を遂げ、今や世界第2位の経済大国であり、日本経済にとって最も重要な国の一つです。「中国経済論」などの講義を通して中国の経済成長の理由や現状を知ることは、日本人である私たちにとっても大変意義のあることです。

3
東アジア地域と日本の経済関係を学ぶ

東アジア諸国は日本にとってますます重要性が高まっています

世界の成長センターについて深く知る

東アジアを中心としたアジアは、世界の成長センターと呼ばれ、高い関心を集めており、日本の輸出市場及び投資先としても重要性を増しています。「アジア太平洋経済論」た「アジアビジネス事情」などの講義で、地域の経済発展、ビジネス環境、日本との経済関係について学びます。