国際経済学科

Department of International Economics

国際経済学科

世界をフィールドに学び、地元の経済発展への貢献を目指す。

学科の特徴

  1. 1

    欧米諸国の経済について学ぶ。

  2. 2

    中国の経済成長の理由や現状を知る。

  3. 3

    東アジア地域と
    日本の経済関係を学ぶ。

研究・教員の紹介

研究紹介

国際学-グローバル時代を生きる-
(中村博研究室)

国際学は、広大な領域の学問で地球的課題を扱い、政治・経済・社会・歴史など学際的分野が包摂されます。皆さんはこのダイナミックでスケールの大きい国際学を学び、世界への知的な門を開くことに感動されるでしょう。まず国際学の「考え方」として、国際学の理論・分析枠組み・アプローチを研究し、世界を鳥瞰的に把握する視点と洞察できる能力を養います。次に各地域を地理的に分類し、世界の動向に大きな影響を与える国・地域を研究し、地政学も学修します。

中国経済論(劉研究室)

中国は日本企業の貿易相手・投資先及び観光市場としての存在感を高めています。果たして中国はこのまま成長し続けるのでしょうか。これまでの発展の軌跡にはどのような特徴があるのでしょうか。また、市場や投資先としての中国のビジネス環境、日本企業の中国ビジネスの現状と直面している課題はどのようなものでしょうか。中国経済及び中国ビジネスについて、ぜひ、一緒に勉強してみませんか?

教員紹介

国際経済学科 講師 藤本 浩由

私の専門は国際経済学です。マクロ経済学や国際貿易論の授業を担当し、研究ではおもに開発途上国と呼ばれる貧しい国々の経済発展を主題としています。途上国の現状を勉強することは、日本という経済的に豊かな国に住む私たち自身の生活や社会について客観的に考えるきっかけにもなると思います。学生の皆さんには、国際経済学科の海外研修にも参加して、理論と実際の両面から世界経済を学んでほしいと思います。

国際経済学科 准教授 鍋島 正次郎

多くの日本人移民の受け入れ先であり、日本と深い歴史的つながりを持つ一方で、これまで多くの日本人にとってあまりなじみ深かったとはいえない中南米地域は、近年経済発展が著しく、国際的にも存在感と発言力を増しつつあります。そのような中南米地域の社会や経済について学び、その活力の源を探ると共に、この地域が抱える貧困問題や、経済発展に伴い顕著になりつつある格差問題などについても考えます。

資格・検定、主な就職・進路

資格・検定

HSK(漢語水平考試) 通関士 旅行業務取扱管理者 秘書検定 証券外務員資格試験 日商簿記検定 高等学校教諭一種免状(公民)(※) マイクロソフトオフィススペシャリスト 販売士 ビジネス能力検定 TOEICテスト

※免許状の教職課程に関しては、現在申請中です。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

就職・進学実績

(株)広島銀行 (株)三菱東京UFJ銀行 SMBC日興証券(株) (株)JTB 福山通運(株) JFEスチール(株) 名鉄ゴールデン航空(株) (株)エフピコ ツネイシホールディング(株) 日東製網(株) 福山ガス(株) など

(大学院進学)

福山大学 東京大学 京都大学 大阪大学 一橋大学 神戸大学 早稲田大学 慶応義塾大学 上智大学 大阪市立大学 グラスゴー大学(英) など