【弓道部】「全国大会に出場します!」部員が学長室を訪問

【弓道部】「全国大会に出場します!」部員が学長室を訪問

今年も全国大会への出場を決めた弓道部が、全日本学生弓道選手権大会出場と6月に開催された広島県学生弓道親善試合の報告に、学長室を訪問しました。今回訪問したのは、弓道部部長と先の広島県学生弓道親善大会で女子団体2位のメンバーです。学長室ブログスタッフで弓道部部顧問の片桐が報告します。

訪れたのは、梅雨の合間の7月2日、夏が始まりかけた熱い夏日になりそうな朝。

訪問の予定時刻は、9時30分。学長室のある15号館の外では、セミが騒ぎ、汗が首筋をつたう。

この汗は、夏の太陽のせいか、はたまた、緊張のせいか、とにかくハンカチが手放せない。

大学の時計台の建物の4階に学長室は存在する。

エレベーター横の階段を登り、学長室のドアを叩く。

緊張の中、

親善大会、男子団体2位、女子団体優勝の報告と、

全国大会の地方個人予選を突破した

男子、木村(薬学部:3年),藤村(心理学科:2年),石部(税務会計学科:1年)

女子、稲田(生命栄養科学科:3年),佐藤(生命栄養科学科:2年)、倉田(生物工学科:2年))

の男子3名、女子3名。の報告を行いました。

 

全国大会への抱負を語る部長の岩本(建築学科3年)くん

  全国大会への抱負を語る佐藤(生命栄養科学科2年)さん

全国大会への抱負を語る江木(海洋生物科学科2年)さん

全国大会は、8月12日から15日にかけて名古屋で開催されます。

個人予選を突破した6名と、団体男子(5名+2名)、団体女子(3名+2名)に出場します。

現在、部員は、1年生から3年生まで、各学年とも10名ずつくらいいて、40名弱が日々練習しています。一人ひとりが各々の克服しなければならない課題に向かって40名には手狭な道場でところ狭しと活動しています。

夏の兆しはますます厳しさを増すことが予想され、トタン造りの道場は、滴る汗との戦いですが、8月の全国大会へ向けて、万全の体制で望めるように体調を気遣いながら日々練習をしています。

応援をよろしくお願いします。

 

学長から一言:暑い夏ですが、豪雨災害に負けてはいないと、熱い戦いを繰り広げ、力一杯がんばってきてください!!!期待しています!!!