【国際交流課】留学生部行事『天気がいいからサイクリングしよう!』

【国際交流課】留学生部行事『天気がいいからサイクリングしよう!』

 国際センター留学生部主催のしまなみ海道サイクリングツアーが、去る6月23日(日)に前期新入留学生の歓迎も兼ねて実施されました。

 当日の様子について、国際センター専任教員の趙准教授がお届けします。(投稿:国際交流課 神原)

 4月に入学して以来、勉学に励み、やっとキャンパスライフに慣れた留学生たち。大勢の教員引率のもと、日本人学生と楽しく交流しながら自転車で気持ち良い汗をかき、瀬戸内海の雄大で穏やかな風景を目に納めました。

 愛媛県今治市と広島県尾道市を結び、「サイクリストの聖地」と呼ばれる「瀬戸内しまなみ海道」。最近、ミシュラン・グリーンガイドや米CNNの世界7大サイクリングロードにも選ばれ、人気に拍車がかかっています。

 初めてここを訪れた留学生の目には何が映ったのでしょうか。先生や日本人学生に囲まれ、思い出に残る楽しい1日になったことと思います。

 学生リポーターの向璐さん(貴州師範大学交換留学生)と豊田美幸さん(薬学部)が、しまなみ海道サイクリングツアーの魅力を語ります。

 9時40分、予定通りサンセットビーチに到着しました!
 とてもいい天気ですね。みんな活き活きとした表情をしていました!

 坂道が大変なので、周囲の風景を楽しむ余裕はなかったのですが…

 途中で桃の木を見つけました!完熟した桃がとても美味しそうです。

 ゆっくり周りの景色を楽しみながら走っていたら、サンセットビーチからしまなみサイクリストの聖地に到着するまでの時間は、予定の40分より長い時間がかかっていました。

 浜辺でクラゲの様な生物を発見しました!

 日本人の学生に聞くと、日本人はあまりクラゲを食べる習慣がないみたい...それはどうしてでしょうか?

 みんな興味津々の顔つきで、クラゲの様な生物を観察していました。
 私にとっても、とても不思議な光景でした。

 再び、サイクリストの聖地からサンセットビーチに戻ると、素晴らしい海の景色が広がっていました!


 疲れてはいましたが、頑張ってペダルを漕ぎます。到着したら待ちに待った昼ご飯の時間です!全力で走れ!

 日本人とベトナム人の友達と一緒に談笑しながら食べたカレーライスは、とてもおいしかったです!!

 昼食後は、耕三寺に到着しました。
 案内所の隣にあるオブジェではしゃぐ先生と学生です。

 なんて可愛いんでしょう!レモンをうちに持って帰りたい!

 最後に、耕三寺の近くにあるドルチェのアイスも忘れずに食べました!ちなみに、私は瀬戸田のでこミカン味と瀬戸田のレモン味のダブルアイスを注文しました。少し酸味があり、爽やかな味で美味しかったです!皆さんも瀬戸田に来た際には、是非ドルチェのアイスを召し上がってくださいね。おすすめです!

 とても楽しい一日でした!

 

学長から一言:留学生の皆さん、とても楽しい1日になったようですね。。。そして最後は、とても美味しい1日になったようですねッ!!!楽しくて、美味しくて、そして景色も良くて、運動も出来て。。。明日からはまたしっかり勉強だ!!!